24オプションの気になる部分をチェック



sdfsd9iuo 24オプションは日本からも口座を開設できる海外のバイナリーオプション業者です。海外の会社ということで、日本から利用するには不安な部分、よくわからない部分もあるかもしれません。そこで、24オプションを利用するときにポイントとなる部分についてチェックしていきます。

・24オプションのサポート

最初に押さえておきたいのはサポート体制です。どのような部分でつまずいても、最終的な解決法はサポートに頼ることになるからです。24オプションのサポートは完全日本語対応(このあたりの基本的スペックは代表的なハイローオーストラリアのように信頼のレベルは高い)。24時間いつでもメール、電話、ライブチャットのいずれかで相談を受け付けてくれています。辞書を引っ張りだして必死に英語の文章を考える必要はないので安心してください。

・24オプションの資産保全

24オプションの資金管理についてはどうでしょうか。バイナリーオプション業者は顧客からお金を預かって取引を行っていますが、その預かった資金は分別管理を行うのが望ましいとされています。分別管理をしない場合、会社の運転資金と顧客の資産が混ざってしまい、どこまでが顧客の資産だったのかがわからなくなります。経営が悪化すると顧客の資産までもが会社の経営に流用されてしまい、破綻時に顧客へ払い戻す資金が存在しないという結果になってしまうのです。
24オプションではキプロス証券取引委員会の審査を受けており、顧客の資産は分別管理され、信託保全もされていることが証明されています。万が一、24オプションが破綻するようなことが起きても、顧客の資産は保証されているので安心して入金することができるのです。

・24オプションの最小投資金額

24オプションでは24ドルから投資を行うことができます。この最小投資金額は、5ドルや10ドルといった業者もあるなかで少し高く設定されているように感じます。ただ、最小投資額を高めに設定することで、注文の本数が絞られ取引システムに過剰な負荷がかからないようになっています。トレーダーの安定取引を優先した結果の投資額設定であり、システムトラブルでトレーダーに不利益を及ぼさないようにするための措置なのです。

・24オプションで提供される顧客サービス

24オプションが提供する取引インフラ、銘柄の豊富さ、資金管理の利便性はどれも高いレベルでまとまっています。

ブラウザーを使い、ネットを閲覧するような感覚で操作できる取引画面は、バイナリーオプションの未経験者でも簡単に理解ができます。直感的な操作が可能なので、説明書きを読み込む必要もなく、一度触るだけで取引の流れをつかむことが可能です。「Professional Chart」という分析用チャートも提供されており、さまざまな指標を利用した相場の分析ができます。

銘柄は通貨ペア29種、商品先物12種、株式個別銘柄41種、株価指数15種と他の業者と比較してもかなりの豊富さです。

取引方法もハイローや60セカンド、ワンタッチ、レンジなど過不足なく用意されており、このオプションで取引したいのに用意されていない、といったことは起こらないでしょう。

口座への入金、出金にはクレジットカード、銀行送金のほか、ネッテラーに対応しています。ネッテラー口座を作っておく必要はありますが、海外業者の弱点である入出金の遅さをカバーしてくれる優秀な決済手段です。



基礎情報
その他の情報

関連リンク
何ができる?

サイトナビゲーション
ご利用になる前にお読み下さい
責任者


(c) Astheworldturnsleft.com