為替相場に影響する事柄



 外国為替市場の為替相場の変動は、世界の様々な動きによってさまざまな影響を受けています。
FX取引など、通貨を銘柄にしている投資取引では、この為替相場を利用して投資を行っているために、為替レートの変動をいかにして予測していくのかという事が、投資の成否のカギを握っているといっても過言ではありません、

こうしたことから、FX取引を行う場合には、世界の様々なニュースにアンテナを張っておく必要があり、特にあらゆる通貨の価値を決めるための基準となる基軸通貨である米ドルを発行しているアメリカの動向や、経済情報、ニュースなどについては、常に気をかけていて間違いはありません。

例えば、大統領や政府高官の発言や、政策金利決定会合の要人などのコメントなどには、特に注意が必要で、こうしたものが為替相場に大きな影響を及ぼすことが多々あります。
経済指標などのあらかじめに決まっている事柄の発表であれば、その内容が推察され、その前後に為替相場の状況が活発になりますが、その多くは、予定通りのものであったりするために、めったに乱高下などが起こることはありませんが、こうしたコメントや発言などは、不意に行われるものが多く、推測が立たないものであるために、内容によっては為替相場に大きな影響を及ぼすこともあるのです。

また、実際に政府などの介入を行うことはないものの、為替相場への政府介入をほのめかすことで、急場的に相場の流れに牽制を行う口先介入というものあり、こうした発言などがなされた場合には、特に相場に発言の思惑が反映されるために、よくチェックをしておく必要があります。

このほかにも、経済指標の発表などが相場に大きな影響を及ぼすことが知られていますが、市場に参加している投機的な取引きの量を知ることができるIMM(International Monetary Market)の発表も重要な相場予測の指針としてとらえられており、この発表の前後にも相場の動きに変動がみられることがあるため、発表の結果と共にこのIMMを押さえておくことも、相場の予測には有効な手段といえるでしょう。



基礎情報
その他の情報

関連リンク
何ができる?

サイトナビゲーション
ご利用になる前にお読み下さい
責任者


(c) Astheworldturnsleft.com